夫婦円満の秘訣|昭和記念公園の秋の夜散歩ライトアップを観てきました

夫婦円満、昭和記念公園の秋の夜散歩にて ワークライフバランス(worklifebalance)

昨日、11/14の土曜日、昭和記念公園で毎年開催されている「黄葉紅葉まつり、秋の夜散歩ライトアップ、2020年」を夫婦二人で観に行ってきました。

11月になると毎年恒例のイベントとして、昭和記念公園の一角のイチョウ並木の道にライトアップの設備が設置され、夜のライトアップが楽しめるようになるんですが、シーズン中、特に土日の夜は若いカップルだけでなく我々のような熟年夫婦もイチョウ並木のライトアップを観るために沢山訪れていて、密とまではいきませんでしたが、結構な人が秋の夜散歩を楽しんでいました。

去年は11月の後半の30日に行ったのでイチョウの葉っぱが半分以上は落ちてしまっていてあまり壮観な感じは無かったのですが、今年はまだ寒くなる前に行ったおかげでイチョウの葉っぱが殆ど残っていたので、イチョウ並木の壮観さがライトアップに凄く映えていました。

イチョウ並木のライトアップが綺麗でした

完全に黄色くなった葉っぱ、まだ少し緑色が残る葉っぱ、のコントラストが綺麗で、おそらく昼間では見られないライトアップならではの美しさがあるのではないでしょうか。

また、昨日はユックリじっくりとイチョウ並木の中を歩きましたが、「イチョウの木は意外と高いところまで伸びているんだなー」、という事が大きな発見でした。

プロジェクションマッピングとまでは行きませんが光の幻想を観れました

妻と二人でゆっくりと歩いていたところ、突然全てのライトの明かりが消え、光の塊が押し寄せてくるような幻想的な動くライトアップが始まり、感動的な瞬間を味わうことができました。

去年見に来た時にはやっていなかったので、今年から新しく取り入れられたライトアップショーなんですかね。

子供達が高校生になって放っておけるようになり、夫婦二人で過ごせる時間が多くなりました

妻のお腹に最初の子供が妊娠してから下の子が高校生になる今年まで、約20年間は子育て優先で、小さい頃は家族でしょっちゅう色々なところに出かけてビデオ撮り貯め、小学生の時にはクラブ活動の付き添いや役員、中学生になってからも部活の送り迎えなど、土日は殆ど子供達のために使っていたので、夫婦二人きりで過ごす時間など殆ど取る事ができませんでした。

が、最近になってようやく、子供達が二人とも高校生になりそれぞれ部活やアルバイトもしていて、土日は殆ど家に居ない、平日は帰りが遅い時もあり、夕飯の食卓が夫婦二人きり、土日も夫婦二人きりという事も多くなり、夫婦だけで出掛ける機会も増えてきました。

なので最近は、夫婦二人で横浜にデートにいったり、土曜日の夜に出かけるなんて事もできるようになってきました。

子育て優先の時期はそのような余裕ができるとは全く考えていなかったのですが、最近また夫婦で落ち着いて話しをする機会も増え、夫婦仲が出会った頃のような新鮮な関係に戻ってきているような気もしています。 今はお互い50歳を過ぎてしまいましたが、たまには夫婦二人で出掛けられるような夫婦円満な関係をいつまでも続けていけるといいな~、と昭和記念公園のイチョウ並木のライトアップを観ながら考えてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました