男子ごはん、12/30はシメジエリンギウインナー炒め他2品

シメジとエリンギとウインナーの炒め物マヨネーズ風味 ワークライフバランス(worklifebalance)

12/30、2020年も残すところあと2日となったところで、妻の家事負担を減らすため、夕飯は私の方で作りました。

メニューは、「シメジエリンギウインナー炒めマヨネーズ風味」「野菜炒め」「味噌汁(出汁は煮干しで)」「刺身」の4品。

刺身は角上魚類で買ってきただけなので、実際に作ったのは3品だけですけどね・・・

シメジエリンギウインナー炒めマヨネーズ風味

材料(家族4人分):シメジ1パック、エリンギ1パック、ウインナー1袋、調味料はオリーブオイルと塩と醤油とマヨネーズ。

これは普段よく作っている「ポテトとシメジのマヨネーズ炒め」の材料をポテトからウインナーに変更して、さらにエリンギを加えて作っただけです。

「ポテトとシメジのマヨネーズ炒め」の味付けは醤油少な目でマヨネーズを入れていますが、今回作った「シメジエリンギウインナー炒めマヨネーズ風味」では醤油の味付けをメインにして、マヨネーズは香りを付ける程度の量にしました。

ウインナーも細かく切ったのでどれも火が通りやすい食材ですが、一応ウインナーは先に炒めてしっかり火を通してから、エリンギ、シメジの順番で材料を加えていきました。

油はサラダ油ではなくオリーブオイルを使ったので、まろやかな仕上がりになったと思います。

初めて作った料理だったのでチョットしょっぱくなってしまったかな~と思っていましたが、妻も娘も美味しい美味しいと言って食べてくれたので、まぁまぁ上手く料理できたと思います。

ちなみに 「ポテトとシメジのマヨネーズ炒め」 を知ったのはコチラのクックパッドで紹介されていたものです。

朝食にも◎ポテトとシメジのマヨネーズ炒め by 郁.. 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが344万品

野菜炒め

材料(家族4人分):豚バラ肉1パック、キャベツ1/2個、人参小さ目の1本、ピーマン2個、厚揚げ2個、調味料はごま油と醤油とみりんと砂糖少し。

野菜炒めはしょっちゅう作っているメニューになりますが、最近のマイブームは厚揚げを入れることです。食べ盛りの高校生が二人いるので、厚揚げ2個を入れるとボリューム感がアップするので子供達が良く食べるご家庭にはお勧めだと思います。

私の場合、子供達が食べやすいように、先に人参とピーマンは念入りに炒めて柔らかくしながら、みりんと砂糖少しを入れて若干の甘味を加えています。

その後にいったん、炒めた人参とピーマンを皿に移し、豚バラ肉→人参とピーマンを戻して→キャベツを投入→厚揚げ投入、の順番で炒めています。

油はサラダ油ではなくゴマ油。妻も私もゴマ油好きなので、ゴマ油はよく使っていますね。

味噌汁(出汁は煮干しで)

材料(家族4人分):味噌、煮干し、豆腐、油揚げ。

私が味噌汁を作る時は必ず煮干しで出汁を取って作るようにしています。

私の母親が味噌汁を作る時は必ず煮干しを入れているので、私もそれが当たり前になってしまったのと、娘が煮干しで出汁をとった味噌汁が好きなので、味噌汁作りに煮干しは必須の材料です。

味噌汁は味噌さえあれば材料は何を使っても簡単に作れるので、これもお勧めの一品ですよね。

一家団欒と妻との晩酌が毎日の楽しみになりました

コロナウイルス感染問題が発生して以降、残業をすることが殆どなくなり、平日でも夜20時ぐらいには帰宅できるようになったので、夕飯時は必ず妻と一緒にビールを飲みながら晩酌をしていますが、高校生になる子供達が家に居る時は家族一緒にテーブルを囲んで一家団欒の時間も取れるようになり、家族と過ごす時間も充実するようになりました

また、週に2回ぐらいは在宅勤務で仕事をできるようになったので、平日でも私が夕飯を作れる機会が増え、妻としても随分と助かると言ってくれているので、これかも少しずつ男子ごはんのレパートリーを増やしていきたいと思います。

※妻と結婚してから家事は殆ど妻任せにしていましたが、男子ごはんというテレビ番組を見たことをキッカケに少しずつ料理をするようになり、今では炊事やゴミ捨てなど、家事を分担してやれるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました