有給休暇、取得できていますか?

ワークライフバランス(worklifebalance)

 クリスマスイブの昨日と、クリスマス当日の今日は、有給休暇を取得して会社を休ませてもらいました。

 とは言っても、クリスマスイブの昨日は、家内は仕事で夜はそのまま職場の仲間と飲み会で終電近くに帰ってきたみたいで、朝7時の今はまだ寝ています。昨日の飲み会のメンバーは皆さん同じ世代の方達のようで、旦那さんも仕事で子供も中高生になってそれぞれ自由に過ごしているそうで、特にクリスマスイブだからと言って家族一緒の特別なイベントは、皆さん何も無かったようです。

 私の方は昨日の12/24は、数カ月ぶりに車を洗車して車内も掃除機かけてホイールも雑巾で綺麗に拭いて、簡易ワックスもかけて、それなりにキレイにすることができましたので、それなりに充実した一日でした。

 私が勤める会社の本社はヨーロッパにあるのですが、その本社では12/20ぐらいから既に休み始めている社員も沢山いて、我々日本支社でも有給を取って休んでいる人が多く、この時期に有給を取得してもあまりお咎め(オトガメ)はありません。我々日本支社でも元々普段から有給取得を推奨してくれているのと、社長も部長クラスも社員や部下の有給休暇の取得を咎めるようなことが無いので、社員全員、有給休暇は取りやすい環境というか空気になっていて、今年度は100%消化に近い社員も数人います。

 ちなみに私は、二週間前にも家内の仕事の休みに合わせて有給休暇を一日取って映画を観に行ったりしましたが、平日に有給休暇を取るとどこかに出かけても意外と空いていたりするので、リフレッシュ効果もあると思っています(個人的には)。

 そうは言うものの、私は仕事が決して嫌いではないので、自分の場合には有給休暇を利用して自己啓発セミナーや仕事に関連する講義を受講したりもしているので、ただ休むだけではなく、自身のスキルを上げる時間としても有給休暇を有効活用させてもらっています。

 私が今まで勤めてきたいくつかの会社(純、日本的)では、有給休暇は風邪の時ぐらいしか取れないような空気の会社が多かったので、どうしてみんなもう少し自分のライフスタイルとか大事にしないのかな~、と疑問に感じる事は多々ありましたが、やはり日本的慣行というか、その会社の文化もあるので、改善するのは難しいと感じていました。かく言う私も今までの会社ではあまり有給休暇を取ってきた事が無かったので、今の会社の文化に慣れるまでは時間がかかりましたが、慣れというのは怖いもので、今では有給は当たり前に消化していますし、フレックスタイム制も毎日利用して朝9時~10時の間で自由な時間に出勤させてもらっています。フレックスタイムもまた有難い制度で、朝の駅のホームで発射ベルが鳴り響いているのに閉まる寸前のドアに向かって階段を駆け下りて電車に飛び乗って電車の発車を遅らせるというような、周りに迷惑をかける壮絶な行為をする必要もなく、朝は焦らずゆとりを持って通勤できています。

 同じ会社の欧米企業での勤務経験のある人に聞くと、欧米では有給休暇の取得は当たり前で、会社から言われなくても従業員の皆さんは普通に有給休暇を取得するような文化だそうで、フレックスタイムの利用も当然当たり前のようで、日本とは全然違うという感覚を受けました。日本では上の人の目が気になってなかなか有給休暇を取れないという会社が多いのも事実で、遂には国が最低年5日の有給休暇の取得を会社に義務付けるようになってしまいましたからね・・・

 まぁ、それでも、有給休暇を全く取れないよりはマシだと思いますので、早く日本も有給休暇の取得が当たり前という企業が増えていくといいですよね。

 ちなみに私は会社では経理、総務、人事などの仕事をさせてもらっていますが、来年度からは4月の時点で社員各人から年間の概ねの有給休暇取得予定みたいなものを提出してもらい、上司とシェアしてそれぞれが周りに気を遣うことなく休暇を取りやすいようにしていこうかと思っています。

 100%消化とまではいかないまでも、月に一回の有給休暇の取得が当たり前になったり、土日と絡めて2~3日の有給休暇を取得してリフレッシュしてもらったり、社員がプライベートも充実して仕事に邁進できるような文化を醸成できたら良いな~と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました