教育ローンなら国の教育ローンがおすすめです

夫婦生活・家庭円満

 教育ローンなら国の教育ローンがおすすめではないでしょうか。国の教育ローンなら、お子様一人当たり350万円を限度に、高校や大学などへの入学金や授業料の一括支払いの負担を軽減し、さらに民間の銀行よりも低い利率で借りることができるので、利息支払いの負担も減らす事が可能です。

 利用できるのは保護者ですが、借入対象は子供一人ずつになるので、学生・生徒1人につき350万円となります。

対象となる学校は?

対象となる学校は、国内外の高校・大学・大学院・専修や各種学校などです。

使い道の制限は?

 使用可能な使い道としては、入学金・授業料・受験にかかった費用・教科書代・パソコン購入費・通学費用と、かなり広い範囲での利用が可能です。

いくら貸してくれるのか?

 融資限度額は、お子様(学生・生徒)1人につき350万円となるので、高校であれば入学時、2年への進学時、3年への進学時と分けて融資を受ける事も可能です。

金利は?

 金利はその時々の時勢に合わせた固定金利となります。

保証人は必要?

 保証は、公益財団法人の保証基金を利用するか、連帯保証人を準備する必要があります。

返済期間は?

 返済期間は15年以内ですが、在学期間中は元金据え置きとして利息のみの支払いとすることも可能です。

所得制限は?

 ただし、世帯年収に所得制限があるので、夫婦二人の収入の合計が上限額を1円でも上回ってしまった場合には、一切借りる事はできません。

娘が私立高校に入学したので、入学時、2年への進学時には借りられましたが・・・

 ちなみに私の場合ですと、上の娘が私立高校に進学したのですが、1年の入学時に100万円、2年の進学時にも100万円、日本政策金融公庫(国の教育ローン)から借りることができましたが、3年生になった今回、夫婦の源泉徴収票の収入金額を合計したら上限を4万円オーバーしてしまっていて、インターネット申込の時点で機械的にはじかれてしまったので、国の教育ローンからは一切借りることができませんでした(T0T)

 なので、娘が3年生になった今回は民間のりそな銀行の教育ローンを利用せざるを得ませんでした。そのりそな銀行の教育ローンについては、次回の記事で紹介したいと思います。

コメント

  1. […]  利率は4.475%となってしまい、日本政策金融公庫の国の教育ローンの金利1.7%に比べると若干利息負担が増えてしまいますが、保証会社はりそな銀行独自でやっているようで、50万円までの審査は意外と早く決まりました。 […]

タイトルとURLをコピーしました