UR賃貸マンションに越してきて感動したこと~ゴミ捨て場がキレイ~

家族生活、夫婦生活(familylife)

 UR賃貸マンションに越してきてから二週間が経ち、前のマンションより広々とした快適な間取りと、毎朝12階の部屋の窓から眺める丹沢連峰の景色を楽しみながら生活できるようになりましたが、最近になって感動している事が、ゴミ捨て場がいつもキレイに保たれていることです。

朝7時ぐらいに会社に行く前、燃えるゴミを捨てに行ってもプラごみを捨てに行っても、常に整然とゴミが種類ごとに分けられているので、いったい誰が整理整頓してくれているのだろうと思っていたんですが、今日の朝も同じように資源ゴミを捨てに行ったところ、なんと、管理人の方がゴミ捨て場の整理をしてくれているではありませんか!

「あっ、いつもここを整理してもらっているんですか?」などとお聞きしてしばし会話をさせて頂きましたが、中にはチャント分別せずにゴミを捨てていく人もいるみたいなんですが、5㎡ほどの広さのゴミ捨て場を、プラはこっち、段ボールはこっち、燃えるゴミはこっち、みたいな感じで毎日整理してくださっているそうです。

「いつもゴミ捨て場をキレイにしてもらってありがとうございます!」と心からの感謝を伝えて戻ってきましたが、ゴミ捨て場がキレイに保たれていると気持ちよく過ごせるのでとても有難いことですよね。

ちなみに今のUR賃貸に越してくる前に20年ほど住んでいたマンションは個人の地主さん所有の賃貸物件だったので、各家庭から管理費(共益費)が毎月3,000円支払われていましたが、ゴミ捨て場は燃えるゴミの日にプラが捨ててあったり荒れ放題、駐車場の草は生え放題で半年に一回ぐらい刈られる程度、自転車置き場もそれぞれ適当に置いてあってたまに道路を挟んで反対側の歩道に追いやられるなど住民同士で嫌がらせがあるようなマンションでした。

が、いま住んでいるUR賃貸物件は、管理費は毎月2,900円ですが、高層マンションの集合住宅という事でもちろん個数が多い事もありますが、ゴミ捨て場がキレイなだけでなく、自転車置き場はしっかりと上下2段階で余裕を持って設置されていて、マンション周りの雑草の処理やゴミ拾いなどもしっかり管理が行き届いているので、とても快適に過ごせるようになりました。

今から二ヶ月前の朝の通勤電車の中でたまたまUR賃貸のホームページを見て、たまたま3LDKの空いてる部屋があったので、たまたま内覧予約をして、12階は高すぎるからイヤと反対する嫁さんと娘と一緒にたまたま3人で部屋を見学したところ、キッチンは取り替えたばかりの独立キッチン、フローリングは張り替えたばかり、押し入れやクローゼットなどの収納も充実、部屋から見る景色は最高、見学を終えてマンションの部屋を出る頃には嫁さんと娘は二人で勝手に誰がどの部屋にするかと割り振りを決める始末でしたが、1月20日ぐらいに内覧予約をしてそれからスグに仮申し込みをして、さらにそれから本申込、契約とトントン拍子で進み、内覧から2か月後の3月半ばには今のUR賃貸での生活をスタートすることができ、嫁さんも高校生の娘も息子も、まぁ快適に生活できているようなので、UR賃貸に引っ越してこれて本当に良かったな~とつくづく実感している次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました