みんなで協力してコロナウイルスとの長期戦に挑みましょう

雑記(diary)

 今日、3/28(土)の夕方18時ぐらいから 安倍首相によるコロナウイルス対策に関する緊急記者会見が行われ、我々日本国民に対する不要不急の外出の自粛の依頼を始め、緊急の経済対策についても、ご自身の言葉で丁寧に演説をされていました。

  「足元では感染経路が分からない患者が東京や大阪の都市部を中心に増加している。制御できない感染の連鎖が生じれば、どこかで爆発的な感染拡大が発生しかねない」との危機感を示し、引き続き不要不急の外出の自粛や、イベントの自粛や密閉された空間に集まったり長期に滞在することを避ける要請をされていました。

 4月からの学校再開についても言及し、現時点では換気など厳重に行うことで、通常通り4月初旬からの再開を専門家会議を含め検討しているとの事でした。

 また、特に資金力に乏しい中小零細企業に対しては無利子の貸付であったり補償の準備、個人対しては返済を数年間据え置きにした緊急貸付など、各種経済対策も用意、また更に追加対策を随時検討していく事のでした。

 コロナウイルス治療に効果のあるアビガンなどの薬の開発・増産などについても世界中の知恵と叡智と臨床結果を集めて対策を講じているようです。

 現時点ではまだロックダウンを宣言する状況には無いので、そうなる前にとにかくもう少し我慢して頑張って欲しいという事を国民向けに訴えていた内容だったと思います。

 安倍首相が会見された内容には、国民の皆さんそれぞれ不満や要望があるかもしれませんが、少なくとも野党の中にここまで堂々と自分の言葉で演説をできる人は居ないと思いますし、この緊急事態の時間が無い中で官僚の皆様の協力も取り付けてこれだけの経済対策を投じてきてくれたわけですから、まずは安部首相はじめ政府関係者の皆さんには感謝するとともに、野党の皆さんも国民の事を第一優先に考えた国会運営への歩み寄りの協力をしてくれたら有難いなーと思いました。

安倍総理が会見「ぎりぎり持ちこたえている」危機感示す【ノーカット】

コメント

タイトルとURLをコピーしました