良書、オススメの本(good books)

スポンサーリンク
自己研鑽・自己啓発(self improvement)

たちばなあきら氏の黄金の羽根の拾い方という本は読んでおかないと損をする内容だと思います

橘玲(たちばなあきら)氏の書かれた『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』と言う本を読み終えて、読んでおかないと損をする内容の本だなという感想を抱きました。
自己研鑽・自己啓発(self improvement)

運のいい人の法則を実践して幸せな人生を送っていこう

運のいい人の法則の中で、運のいい人と悪い人を比較しながら、運を鍛えるための4つの法則について具体例を交えて解説を進めてくれていますので、ぜひ実践してみてください。実際に私も4つの法則を意識して、さらに直感力というものを高めるために、この本の中で勧められている瞑想を朝の生活の中で10分間取り入れるようになりました。
良書、オススメの本(good books)

早起きは3億の得 by 石田健さん

早起きは3億の得という石田健さんがかかれた本を読んで、毎日必ず1時間~1時間半、帰宅後にスグにお酒を飲んだり夕飯を食べるのではなく、自分の時間を作ってやるべき仕事や作業、勉強をする決断をするキッカケになりました。
ワークライフバランス(worklifebalance)

「チームの事だけ考えた」(サイボウズ(株)、青野社長)を読んで

チームのことだけ考えた、という本を読み終わったあと、100人100通りの働き方、という言葉が頭から離れなくなりました。私が勤める会社でもこのような社員ファーストの考え方でやっていかないと、会社という組織の未来はない。と考えるようになり、福利厚生制度などの社内規則の見直しや在宅勤務制度の導入などを積極的に行うようなりました。
良書、オススメの本(good books)

0(ゼロ)ベース思考で無駄減らし

「ゼロベース思考」や「クリティカルシンキング」を使って働き方改革を。そもそもこの業務や処理は何のためにやっているのだろうか?」「これって本当に必要なの?」と自分自身に問いかけてみる必要がある
タイトルとURLをコピーしました