良書、オススメの本

スポンサーリンク
マインドフルネス

【コンパッション】を構成する重要な5つの資質とそれを育むGRACEとは

「コンパッション~状況にのみこまれずに、本当に必要な変容を導く共にいる力~」(ジョアン・ハリファックス著)を読み、自分を犠牲にせずに人の役に立つにはどうすればいいのか、充実した人生を生きていくために必要な事を考えさせられる良いキッカケになりましたので、ここで紹介させて頂きます。
仕事・転職・派遣

OKRがインテルやグーグルを強くした

企業やチーム、個人が協力して目標を設定するための手順であるOKRとは、目標(Objectives)と主要な結果(Key Results)の頭文字を取って名付けられたものですが、故アンディー・グローブの経営の下インテルで産まれ、投資家であるジョン・ドーア氏が若きグーグルの共同創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンに教えた成功手法です。
仕事・転職・派遣

アップル・グーグルを陰で支えたビル・キャンベルの教え/1兆ドルコーチ

アップル共同創業者、スティーブ・ジョブズ、グーグル共同創業者、ラリー・ペイジ、グーグル元会長兼CEO、エリック・シュミット、の共通の師でありコーチでもあったビル・キャンベル氏の教えが書かれた1兆ドルコーチ、学べること、学ぶべきことが非常に多いので、ビジネスパーソン必読のビジネス書としてオススメの一冊だと思います。
仕事・転職・派遣

バックオフィス業務を効率化させるためのDX戦略~勤怠管理編~

いま勤めている外資系の会社に40代後半で転職してから3年が過ぎましたが、今では経理総務人事系のバックオフィス業務の全般を任せてもらえるようになり、最近ではクラウドベースの勤怠管理システム を導入。さらに、DX戦略的な発想を持って、売上利益の増加につながる全体効率化を推し進めていきたいと思っています。
自己研鑽・自己啓発

GTD、ストレスフリーの整理術を活用して仕事も人生も生産性アップ

「ストレスフリーの整理術」はGTD(Getting Things Done)のメソッドと活用法について書かれた本で、7つの習慣の「重要事項を優先する」の要素と、マインドフルネスな状態を維持するための具体策、みたいな事が書かれた頭の働きに着目した内容の良書だと思います。
自己研鑽・自己啓発

コーチングスキルは仕事でも家庭でも使える優れもの

コーチングという言葉は人事・HR業務に携わるようになってから初めて聞いた言葉ですが、リーダーのためのコーチングスキルを読んでからは、これは仕事でも家庭でも役に立つ、優れたノウハウだと思うようになりました。
マインドフルネス

グーグルのサーチインサイドユアセルフでマインドフルネスを学ぶ

グーグルで開発されたサーチインサイドユアセルフ(SIY)は、自己認識力・創造性・人間関係力を高めるアプローチとして、ニューヨークタイムズなどのビジネス誌でも高く評価される最先端のプログラムとなりましたが、瞑想というものを身近なものとして簡単に取り組めるようにしてくれた素晴らしいプログラムではないでしょうか。
仕事・転職・派遣

「転職と副業のかけ算」を読んで年収アップを目指す

転職でお悩みの方は、アマゾンでもベストセラーになった「転職と副業のかけ算」を読んでみてはいかがでしょうか。長期的視点にたった戦略的な転職を考えるキッカケになると思います
自己研鑽・自己啓発

読書のすすめ、多読のすすめ

あなたは月に何冊の本を読みますか? 私はせいぜい2、3冊程度です。ちなみに私の読書術は、「買って損した」という事がないように、勝間和代さん、会社経営者のマコなり社長、メンタリストのdaigoさんなど、自分にとってのメンターのような存在が勧めている本を買って読むようにしています。
自己研鑽・自己啓発

成長のために必要なマインドセットとは?

成長のために必要なマインドセットとは何なのか? 成長マインドセットという本が教えてくれました。そもそも成長とはどういう事なのか? そこから始まり、成長を阻害する要因、逆に成長を加速させるために必要な事は何なのか? まで、会話調で読みやすくわかりやすく書かれています。
タイトルとURLをコピーしました