2019-10

スポンサーリンク
仕事・転職・派遣

40代でリストラ加速?

大手有名企業でも40代のリストラや早期退職の募集が進められる時代、自分の市場価値を高めていかないと、生き残っていけません。
家庭と仕事(ワークライフバランス)

有給休暇を取得してJNファミリーというスパで平日にエクササイズ

先週、平日でしたが有給休暇を取って会社を休み午前中に私用を済ませた後、午後に自由に使える時間があったので家の近くのJNファミリーというスパに行って、そのJNファミリーの施設内のジムにあるランニングマシーンで30分ほどランニング(久しぶりだったので2.5キロしか走れませんでしたが・・・)をして汗を流し...
男の料理・男子ごはん

男子が簡単に作れる料理 ~タラの照り焼きに挑戦~

家内に代わって夕飯作りを担当。タラの照り焼き、野菜炒め、味噌汁を作りました。
筋トレ・エクササイズ・健康の維持増進

トレーニングジムに通わずに安価なエクササイズ

 忙しいビジネスパーソンの皆さんだと、エクササイズやダイエットと言うと今人気のライザップのようなトレーニングジムに通って、パーソナルトレーナーの指導の下、食事指導も受けて、効率的にトレーニング&ダイエットと言う方も多いと思いますが、私のように子供が中学生・高校生となって学費や塾費や交通費や部活動費...
筋トレ・エクササイズ・健康の維持増進

ストレス発散はできていますか?

ストレス発散の方法は人それぞれだと思いますが、例えば私の場合には、毎朝の瞑想・ヨガ・筋トレ・プランクなどのワークアウト、帰宅後に夕飯を食べながらの晩酌、ジムに行ってランニングマシーンでジョギングをしたりロードバイクでサイクリングにいって汗をかいたりする事、などですが、小さなことでも良いの、一日の内の10分から15分、できれば1時間ぐらい、自分一人の時間に充てられると良いかもしれません。
働き方改革

働き方改革よりもまずは生き方改革の方が重要なのでは?

戦後の復興期から昭和の高度経済成長期以降、「日本人は働き過ぎ」とよく言われていますが、私も本社がヨーロッパにある今の外資系の会社に転職してからは、ヨーロッパ本社の皆さんが比較的に定時でスパッと帰ってしまったり、フレックスタイム制を活用して自分の都合で勤務する姿を見て、やはり日本人の働き方改革や意識改革は必要だと思うようになりました。
働き方改革

フレックスタイム制のおかげで朝のリラックスタイムを確保、通勤も楽に

いま勤めている外資系の会社では、完全フレックス制ではありませんが、コアタイム付きのフレックスタイム制度が導入されていて、朝10時までに出勤すれば遅刻にはならならいので、朝起きてから家で過ごす時間にゆとりができて楽になりましたし、通勤ラッシュの時間帯も避けられて満員電車に乗るストレスもないので、会社通勤が楽になりました。
家庭と仕事(ワークライフバランス)

健康経営と働き方改革

政府の働き方改革の提唱やワークライフバランスの見直しへの取り組みの中、健康経営という言葉もまた、近年クローズアップされてきた企業経営の重要な課題ではないでしょうか。
働き方改革

「チームの事だけ考えた」(サイボウズ(株)、青野社長)を読んで

チームのことだけ考えた、という本を読み終わったあと、100人100通りの働き方、という言葉が頭から離れなくなりました。私が勤める会社でもこのような社員ファーストの考え方でやっていかないと、会社という組織の未来はない。と考えるようになり、福利厚生制度などの社内規則の見直しや在宅勤務制度の導入などを積極的に行うようなりました。
仕事・転職・派遣

転職回数が多いのはもう当たり前の時代?

転職回数が2回や3回というのは当たり前の時代になりました。幸い、40代半ばで私が転職した今の会社は外資系という事もあり社員個々人のライフスタイルを尊重するという雰囲気があり、フレックス勤務で時間は融通が利き、上司や社長が理不尽な残業を強要することもないので、肉体的にも精神的にも大きな負担はなく、仕事も私生活も楽しめています。
タイトルとURLをコピーしました