働き方改革

スポンサーリンク
働き方改革

働き方改革よりもまずは生き方改革の方が重要なのでは?

戦後の復興期から昭和の高度経済成長期以降、「日本人は働き過ぎ」とよく言われていますが、私も本社がヨーロッパにある今の外資系の会社に転職してからは、ヨーロッパ本社の皆さんが比較的に定時でスパッと帰ってしまったり、フレックスタイム制を活用して自分の都合で勤務する姿を見て、やはり日本人の働き方改革や意識改革は必要だと思うようになりました。
ワークライフバランス(worklifebalance)

「チームの事だけ考えた」(サイボウズ(株)、青野社長)を読んで

チームのことだけ考えた、という本を読み終わったあと、100人100通りの働き方、という言葉が頭から離れなくなりました。私が勤める会社でもこのような社員ファーストの考え方でやっていかないと、会社という組織の未来はない。と考えるようになり、福利厚生制度などの社内規則の見直しや在宅勤務制度の導入などを積極的に行うようなりました。
ワークライフバランス(worklifebalance)

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスという言葉は欧米先行で使われるようになったかと思いますが、日本でもここ数年、政府が働き方改革の実施を声高に唱えるようになり、それに伴い、時間外勤務の縮小や三六協定制度の厳格化、インターバル勤務の指導・推奨など、企業に様々な制度改革が求められるようになりました。
タイトルとURLをコピーしました