休日出勤したので代休(正確には振替休日)を頂く予定です

 今日は休日出勤して仕事をしてきたので振替休日(代わりに休む日を事前申請したので正確には代休ではありません)を同月内に取得する予定です。

 休日出勤をして仕事をした場合、土曜日か日曜日かで取扱が異なるとか、先に替わりに休む日を決めて振替休日を取らなければならないとか、代休を取ってもいいよとか、休日出勤手当の対象になるかならないかなど、その理解は人によってマチマチなのと、自分もしっかりと理解できていないので、以下のサイトを参考に勉強し直しました。

 「振替休日」をとるか、「代休」をとるかでお給料が変わる!?――意外と知られていない「休日出勤」の仕組み | 働き方改革研究所

 休日出勤をした社員が振替休日ではなく有給取得したいと言っています。(人事労務Q&A)|人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

 そもそも同じ休日出勤でも土日の週休二日制を取っている会社の場合、土曜日に出勤したのと日曜日に出勤した場合では、時間外手当の掛け率が異なります。日曜日(法定休日と言われるもの)の方が割増率は高いです。

 今回は割増率の問題には深く言及せず、振替休日と代休について書きますが、休日出勤をする場合の取り扱いは基本的には就業規則に記載するのが当たり前のこととなっていますが、一般的には休日出勤する前に事前に替わりに休む日を決めておくのが振替休日、とりあえず休日出勤しておいて後で休む日を決めるのが代休とされています。

 振替休日は休む日を切り替えることになるので会社としては給与負担については変わることは無いのですが、代休の場合には、休日出勤に該当する日は賃金を割り増しで支給して、代休を取得した日の分を通常の時間給に該当する時間分の給与を控除するだけなので、給与額に矛盾が生じてしまうんですね。

 詳しくは以下を参照

「振替休日」をとるか、「代休」をとるかでお給料が変わる!?――意外と知られていない「休日出勤」の仕組み | 働き方改革研究所

 就業規則をよく理解している社員さんであれば、代休を選択する事が多いと思いますが、さらによく理解している社員さんであれば、イヤイヤ有給が沢山残っているので休日出勤分は通常通り割り増し分を給与に上乗せしてもらって、別で有給休暇を取らせて欲しいという人もいるかもしれません。

 社員サイドに立てば権利の主張なので責める事はできませんが、会社側としては給与負担が増えるので決して簡単な事ではありません。そこでやはり、会社側としては前もって振替休日を決めてもらった上で休日出勤をしてもらうような運営がベターだと思われますので、まずは就業規則に明記すること、そして社員にもよく理解してもらうような努力が必要になるかもしれません。

 ちなみに私の今日の休日出勤は前もって休む日を決めて振替休日を取得することになっているので、会社にとっても時間外手当の負担が発生しない方法ですし、私としても平日に振替休日を取ってゆっくりできるので、お互いにとって良い選択だと思います。

 会社によっては休日出勤しても手当が付かず社員さんがサービス出勤させられるような運営を強いられているブラック企業さんもあるみたいなので、それに比べれば私の勤務する会社はとても良い会社だと思っています。

 ちなみに、実際に私が以前にパワハラを受けていた時は、定時になったらタイムカードを打刻させられ、19時になったら強制退社を強いられていたので、土日に黙ってサービス出勤をしていましたが、そのような超ブラック企業であれば、さっさと辞めて転職した方がいいでしょうね。もちろん、有給取得なんてできる空気ではありませんでした・・・