角上魚類で買った鮭

妻に家事を休んでもらうため、土曜日の夕飯は私が作る事が多いんですが、昨日の土曜日、冷蔵庫を確認したところ、何日か前に角上魚類で買ってあった鮭が冷凍保存されていたので、その鮭を解凍して焼き、更に野菜室にも、キュウリやピーマンやプチトマトなど、近くの実家に住む父親が家庭菜園で作って持ってきてくれた野菜も沢山あったので、鶏モモ肉を買ってそれらの野菜を一緒に使った中華炒め、ツナ缶も一缶余っていたのでキュウリとツナのサラダ、の3品を作りました。

誰でもできる簡単料理ですが・・・

角上魚類の鮮魚はオススメです

角上魚類で買った鮭

ウチではよく焼き魚を食べていて、いつもは生協のパルシステムの宅配で買ったアジとかサバばかりなのですが、たまに角上魚類に行ったときは刺身だけではなく妻が必ず鮭も買うんですね。

そしてその角上魚類の鮭、身がしまっていて塩加減も丁度良く、凄く美味しいんですよ。

なので、家族4人ともペロッと食べてしまうんですが、両面焼きグリルで5~6分焼くだけでスグにできてしまうので、夕飯のメニューに気軽に1品加えられるオススメの逸品ではないでしょうか。

鶏モモ肉とピーマンと玉ネギの中華炒め

いつも参考にしているのはDELISH KITCHENのコチラ

シンプルだけどやみつき! 鶏肉とピーマンの中華炒めのレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN

私が作るときに気を遣っているのは、子供達(とは言っても既にティーンエイジャーですが)が食べやすくなるよう、先にピーマンと玉ネギを炒めるときに砂糖を軽く振って、ミリンも大さじ一杯ぐらい入れて炒めていることです。

そうすると、ピーマンと玉ネギの苦みが消えるので、片栗粉をまぶした鶏モモ肉と混ぜて炒めても子供達が食べやすい味に仕上がるようになります。

ピーマンと玉ネギを炒めたら一旦お皿に移して、鶏モモ肉を焼いて焦げ色が付くころにまたピーマンと玉ネギを再投入してます。

キュウリとツナのサラダ

徒歩で10分ぐらいのところに住む実家の父が小さな家庭菜園をやっていて、6月~7月、8月になるとみずみずしいキュウリやハリのあるプチトマトを沢山持ってきてくれるんですが、この時期にはそのキュウリが冷蔵庫の野菜室に常時5~6本はあるので、昨日はそのキュウリを使ってキュウリとツナのサラダを作ってみました。

このキュウリとツナのサラダは妻はよく作ってくれるんですが、私は昨日が初めての挑戦。

の割には、まぁまぁ上手く作れたと思いますが ^^

ちなみに妻のリクエストで、女子二人分はドレッシングで食べる用にただ混ぜただけ、私と息子は塩とキュウリを混ぜて仕上げました。

家事と子育ては妻と二人で分担、なので妻のストレスは軽減されてます。

一家団欒の最中、妻と私は晩酌を・・・

我々夫婦は共働きなので、当然、家事や子育ても夫婦で分担してダブルオペでこなすようにしていて、夕飯であればお互い週に3~4回ずつに分けて作っています。

そうすることで、妻が夕飯のメニューを考える負担や、夕飯を作る時間を軽減できるので、妻のストレスも減り、一家団欒での食事の際も妻のお酒を飲む量が増えてご機嫌でいてもらえるんですよね。

なので、家事や子育ての夫婦での分担、いつも大事なことだなーと思いながら継続しています。