パナソニックの食洗機は共働き夫婦におすすめ

綾瀬はるかさんのCMでもお馴染みのパナソニックの食洗機共働き夫婦には超おすすめの便利家電だと思います。

我が家も先月、悩みに悩んで食洗機を購入しましたが、私の朝の食器洗いの時間と妻の夕方の食器洗いの時間、土日の夫婦の食器洗いにかかる時間が減り、しかも、家族四人が昨日の夜と今日の朝に使った食器をまとめて洗えるので、パナソニックの食洗機(NP-TH4)を買って大正解でした。

私が毎朝の食器洗いにかけている時間

我が家の場合、共働き夫婦という事もあり、家事は色々と夫婦で分担しているのですが、平日の朝は毎朝私が、平日の夕方は妻が、土日は毎朝私が、土日の昼と夜は料理をする方が、大体食器洗いをやるようにしています。

が、一番食器洗いが大変なのが朝なんですよね。

と言うのも、前日の夕飯時に家族四人が使った食器、それと料理に使った鍋、米を炊いた炊飯ジャー、さらにその日の朝に家族四人が使った食器など、かなりの量を洗う事になるので毎朝30分~40分はかけて、鍋から食器までキレイに洗っていました。

たとえ食洗機で食器洗いをするようになっても、鍋や炊飯ジャーなど大きなモノは手洗いしなければならないので、それら大きい物を洗うのに15分~20分程度はかかってしまいますが、

「忙しい平日の朝には」、前日の夕飯とその翌日の朝食に使った家族四人分の食器を全部食洗機に入れてスイッチオンで出掛けられるようになったので、それを一ヶ月合計するだけでも400分(月~金の5日間×一ヶ月は約4週間×20分)、

「さらに土日など休日の朝も」、なるべく前日分の食器とその日の朝に家族が使った食器を食洗機に溜めて洗うようにしているので、それだけでも一ヶ月に160分(土日2日間×一ヶ月は約4週間×20分)となり、一ヶ月のトータルでは560分、時間にして少なくとも9時間の節約効果になります。

しかもそれは私一人分だけです・・・

妻が夕方に食器洗いにかけている時間

妻の場合は主に平日の夕方ですね。

18:30頃に仕事から帰宅して、自分の弁当箱と子供達の弁当箱や水筒など、雑多な食器を洗うのに20分ぐらいはかけているそうなので、それを一ヶ月合計するだけでも400分(月~金の5日間×一ヶ月は約4週間×20分)、それに土日も料理をする時に食器洗いをしているので、それで一ヶ月に160分(土日2日間×一ヶ月は約4週間×20分)となり、私と同じように、一ヶ月のトータルでは560分ぐらい、時間にして少なくとも9時間の節約効果、となっています。

夫婦の食器洗いにかかる時間の節約効果は一ヶ月で合計1,120分、時間にして18時間ぐらい

食洗機を購入したことで、一ヶ月のトータルで夫婦合わせて最低でも1,120分の節約、時間にして約18時間の節約効果があったのではないかという感覚を持っています。

さらに、食器洗いにかかる時間を減らせたという事が、時間節約の効果以上にストレス軽減に大きな効果があったと思います。

なにしろ、食器洗いにかかる時間が減って気分が良いので、今までは毎朝時間ギリギリでバタバタと食器洗いをしていたのが、今は最低限洗わなければならない鍋や漆塗り系の食器を洗うだけでよくなったので、洗い方が丁寧になってしまったんですよね。

これもまた想定外の良い効果だと思っています。

食洗機の購入と工事・取り付けにかかった費用

食器洗いにかかる時間を節約できたのは良い効果ではありますが、本体価格83,160円に加えて工事費用や分岐水栓や5年間の延長保証など合わせて合計122,453円になってしまいました(・・;

が、敢えてクレジットカードの分割24回払いにして月々の負担を5,000円程度にした事で、一ヶ月に5,000円払ったとしても、その分、夫婦の食器洗いにかかっていた時間を一ヶ月の合計で約18時間も減らせたわけなので、費用対効果で言うと効果の方がはるかに大きかったと思います。

なので、5年保証のとおり5年間使い続けることができれば、費用対効果の効果は相当大きなものになるのではないでしょうか。

食洗機の本体価格は83,160円、レンジ台3,742円、工事費用5,200円(税込)

我が家はキッチンの壁側に高さ6cm、奥行き14.5cmの段差があり、そこをはずして手前に食洗機を置いてしまうと料理をするときにまな板を置くとギリギリになって狭くなり料理がしづらくなってしまうため、レンジ台(段差のある場所に食洗機を置く場合に使う平らな台)と高さを調整する脚を使って段差に置くようにして、料理スペースを確保するようにしました。

ただ、専用の脚だと高さ6cmに調節するのが困難なため、食洗機の下に置く脚は自分達で探したのですが、下の写真のようにカインズホームで買った防振・防音ゴムを6枚重ねて両脇に挟んで丁度良い物を見つけることができました。

食洗機の下の両脇の黒い防振ゴム(6枚ずつ)が振動を抑える効果あり

たまたま脚の長さを合わせられなかったからゴム板を買ったのですが、食洗機の設置をしてくれた工事業者さん曰く、

「下手に専用の脚を使うよりも、このように防振ゴムを挟んだ方が安定するし音も静かになると思いますよ」

と言ってくれたので、結果オーライ、脚を防振ゴムにして良かったと思いました。

水栓につなぐ分岐水栓が意外に高くついて26,193円(税込)

家電屋さん(ジョーシン)で見積もりをしてもらった際、一番驚いたのが分岐水栓の代金です。

各家庭で使用されている水栓メーカーによって使う分岐水栓も違うそうなんですが、我が家の水栓はINAXで、一番高い分岐水栓が必要との事でした(・・;

INAXの水栓用の分岐水栓、白いホースは水抜き用です。

こればかりは自分で探すことはできないので、仕様が無いと諦めました・・・

安心の5年間保証は4,158円(税込)

メーカー保証1年間が最初からついてきますが、ジョーシンの長期修理保証5年間にも加入したので、できれば5年間は使えると有難いです。

そうすれば、122,453円÷5年=24,490円、一年間の費用負担は24,490円になるので、パナソニックの食洗機はかなりお得な買い物になると思います。

食洗機を購入する時に注意すべき点(TH4タイプは結構大きいです)

本体だけでなく、

  • 分岐水栓
  • 段差に設置する場合にはレンジ台と脚
  • 工事費用

が別途必要になるので、つなげる水栓(我が家だったらINAX)や設置する場所のサイズを測った上でしっかりと見積もりをしてもらわないと、想定していた予算を越える費用になってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、サイズは決して小さくはありませんので(奥行35cm、幅55cm、高さは65cm以上の確保が必要)、ご自宅のキッチンのどこに置くのかをよくシミュレーションしてから、ご夫婦で相談して決められることをお勧めいたします。

ちゃんと洗い流せるの?(洗う時間と温度設定、乾燥の有無など、どんな洗い方にも対応してくれる優れものです)

私も妻も、食洗機に食器をセットする前に軽くお湯ですすいでから食器をセットして、食洗機にゴミが入らないようにしています。

というのは、食洗機内の下にゴミ取り部分も確保されていますが、水を抜くホースがそれほど太くはないので、食器についたゴミは一度すすいで落としてから食洗機にセットした方が、より長持ちするのでは、と考えての事です。

洗う強さの強弱と時間は4段階、水温は通常温度と低温ソフトと高温80度の3段階、乾燥をかけるかどうかなど、何パターンもの組み合わせで設定できるので、洗い方は自由自在です。

洗い上がりは充分に満足しています。

水道代がかかるのでは?

食洗機を購入してからまだ最初の水道料金の請求書を受け取っていないのですが、感覚的には、今までのようにジャパジャバお湯を流していた手洗いよりも水道代は節約できているのではないかと思います。

パナソニックの食洗機(TH4タイプ)を購入しての感想

妻も私も平日の朝と夕方、土日に、食器洗いにかかっていた時間を半分以上減らせる効果があったので、使い始めてからまだ一ヶ月しか経っていませんが、パナソニックの食洗機には既に大変満足しています