【男子ごはん】昨日は豚汁、大根とキュウリとツナのサラダ、鯖の3品で

豚汁 クラシル 夫婦円満と家事分担について

1/30土曜日の夕飯は、クラシルのレシピを参考に豚汁を、ソラレピのレシピを参考に大根とキュウリとツナのサラダスーパーでパック販売されていた鯖の旨塩干しを焼いて、3品作りました。

豚汁

こちらの豚汁クラシルのレシピを参考に作りました。

ごま油香る 具だくさん豚汁 作り方・レシピ | クラシル

材料は家族4人分(残ってもいいように)

(レシピの材料は2人前ですが、我々家族は4人なので、高校生2人の食べる量も考えて以下のような材料になりました。)

豚バラ肉1パック(250gぐらい)、大根1/3~半分(その大根の大きさ次第)、人参1本、ゴボウ1本、木綿豆腐1パック、長ネギ半分ぐらい、調理に使う水1,000ml、調味料は顆粒和風だし2袋、味噌適量、ゴマ油適量。

私なりの作りかた

食材は昼食にラーメンを夫婦二人で食べに行った帰りに妻と一緒にスーパーに寄って買いましたが、妻から「ジャガイモは崩れてグチャグチャになるかもしれないから使わない方がいいかも」と言われ、妻が豚汁を作るときにはジャガイモは使ってないようなので、私的には放蕩のようになっていいかもとは思いましたが、妻の言う通り使いませんでした。

※ちなみに妻と二人で昼に食べた地元駅近くの横浜家系ラーメンはこちら。

ツマミの唐揚げとギョーザが美味しかったので、生ビール中ジョッキを2杯も飲んでしまいました^^

話しを豚汁に戻します・・・

・基本的にはクラシルのレシピ通りですが、調理用の水は鍋に材料を全て入れた後にそれが全部埋まるぐらいの量にしたら結果1,000mlになってしまいました。

・和風顆粒だしはケチらずに2袋使用

豚汁は今回初めて作りましたが、味噌汁を作る感覚で水量に合わせて味噌を入れてしまうとしょっぱくなってしまうかもしれないので、特に豚汁を作るのが初めての人は、味を見ながら少しずつ味噌を足していった方がいいかもしれないです。だしが材料の旨味を引き出してくれるんですかね。

・ゴマ油は香りがよくなるので必須だと思います

※大根と人参とゴボウは下の写真のような感じに切りました。

※夕食を食べながらの妻と娘と私の会話・・・

私「ゴボウを切る時って小学校の時に習った鉛筆をカッターで削るようにやるんだね」と聞いたら

妻から「そうそう、ささがきでしょ!」と言われ

私「あ~、それをささがきって言うのか!」「レシピにささがきって書いてあったけどそういうことね^^」と言ったら

娘から「ささがきぐらい私でも知ってるけど。。。」と言われてしまいました。

私(・・;

クラシルなら動画を観ながら見様見真似で料理を作る事ができるので、多少調理用語を知らなくても誰でも美味しい料理が作れるのが、やっぱりレシピサイトの有難いところではないでしょうか。

娘も妻も美味しい美味しいと言って珍しくおかわりして2杯ぐらい食べていたので、多分、味は良かったと思います^^

大根とキュウリとツナのサラダ

こちらの大根とキュウリとツナのサラダソラレピのレシピを参考に作りました。

和えるだけ洋風大根ツナサラダのレシピ|健康レシピと献立のソラレピ

材料は家族3人分(息子は外で食べてくると言ってたので)

(レシピの材料は2人前ですが、その倍の量で作ってみました。)

大根1/3~半分(その大根の大きさ次第)、キュウリ1本、ツナ缶2個。

私なりの作りかた

ソラレピのレシピでは大根とツナだけでしたが、冷蔵庫に余ってたキュウリも1本加えました。

大根は適当に細く切ってから10分ほど水に浸してから、塩をかけて塩もみしてさらに10分ぐらいおいて、最後に水を切りながらこちらも細く切ったキュウリと油を切ったツナと混ぜ合わせ、最後にマヨネーズを適量入れておしまい。

マヨネーズを入れ過ぎてしまうとマヨネーズ味が濃くなってしまうので、これだと少ないかな~と思うぐらいが丁度いいかもしれません。

さばの旨塩干し

スーパーのLIFEで買ってきたレンジ対応さば旨塩干しというパック入りの鯖を4枚、両面焼きのグリルでタイマーを7、8分にセットして2回に分けて焼いただけです。

簡単なんですけど結構美味しいので、ライフで売ってるこの鯖の2枚パックは個人的なお気に入りになっています。

最近は週に2~3回は妻に代わって夕飯を作れるようになりました

コロナ禍以前は毎日混んだ電車に乗って会社に通勤し、平日は早くても20時過ぎの帰宅になっていたので平日の要るに夕飯を作ることはありませんでした。

しかし、コロナ禍以降、特に今回の2回目のロックダウンを受けて週に2~3回は在宅勤務で仕事をできるようになったので、夕方は18時に仕事を終えて夕飯を作る時間を確保できるようになりました。

なので、今では平日に2回、プラス土曜日の、1週間に3回ぐらいは妻に代わって私の方で夕飯を作れるようになったので、医療従事者のため仕事の日は出勤せざるを得ない妻からは随分と喜ばれています。

実際に自分で週に2~3回も夕飯を作るようになると、専業主婦の方でもメニュー選びや料理すること自体大変なことだと思いますので、仕事をしながらの女性の毎日の夕飯作りや家事は本当に大変だなーと思いますね。

我々夫婦もまた共働き家庭なので、今後も1週間に3回程度の夕飯づくりを続けていかなければならないなーと思ってます。

※やっぱり家族揃っての一家団欒の食事、夫婦揃っての晩酌の味は最高ですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました